私たちは北海道の小さな町でオーガニックハーブを栽培し、そのハーブを原料にものづくりをしています。

健康な肌と生活を守るための材料は自然の中にあると考えて、北海道のちいさな町に畑と工房をつくりました。

夏のカモミール畑には、ハチやチョウなどの昆虫、ウサギ、シカ、キツネが遊びにきて楽しませてくれます。
冬は雪深く、1年の半分も雪におおわれます。ハーブの中には越冬するものもあり、北海道の厳しい環境で育つ植物には驚くことがたくさんあります。

工房では、畑で育てたハーブを使って化粧品をつくっています。元々肌が弱くて、自分に合う化粧品になかなか出会えなかったので、本当に安心して使えるものを作りたい。自然な植物の力をそのままお届けしたい。という想いを大切に、工房に立っています。

「ごめんなさい、わからないので教えてください」素直に、謙虚に、植物を育て、ものづくりをする上でわたしたちが大切にしている気持ちです。

最新情報はでお知らせしています。

有機肥料を使い無農薬でハーブを栽培しています。一年草のハーブの種は自家採取をしています。ジャーマンカモミール、ローマンカモミール、カレンデュラをはじめ、和ハッカ、マロー、ローズマリー、レモンバームなどのハーブ、ラズベリーなどを栽培しています。植え付け、雑草取り、収穫までを手作業で行っています。

工房

畑から歩いて数分の場所に工房はあります。収穫後すぐに乾燥させたハーブは工房で適切な温度・湿度で保管をしています。すべての商品はこの工房で加工、製造しています。